kogeのガレージハウス建築日記 4年半お世話になりました。「kogeのガレージハウス生活日記」に移動しました。

<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
引越し先です。
09/25 12:14
4年半の間お世話にな…
09/25 12:02
検討中・・・
09/24 19:37
新入生!?
09/23 20:08
GSいいな~
09/22 21:02
メープル食パン
09/20 14:15
凄い!!!
09/19 18:39
2010 9月 ドイ…
09/19 16:11
ドアに・・・!
09/18 17:09
2010 koge'…
09/15 19:47
最近のコメント
メールください!^^…
ぽる 10/15 07:25
ぽるさん、こんにちは…
koge 09/25 19:29
長い間お疲れ様でした…
ぽる 09/25 13:36
ぽるさん、こんばんは…
koge 09/24 23:44
ぷらすさん、こんばん…
koge 09/24 23:34
何度かコメント入れて…
ぷらす 09/24 22:56
「お勧めのバイクは?…
ぷらす 09/24 22:44
使い勝手悪すぎでも我…
ぽる 09/24 22:43
Migさん、こんにち…
koge 09/24 19:56
ランドセル背負うのを…
Mig 09/24 13:29
最近のトラックバック
【フラッシュを内蔵し…
02/16 14:55
賢い土地の探し方
07/06 18:00
お食い初めで迷うのが…
02/27 08:08
ニューモデルラッシュ…
01/09 06:32
MacBook、Ma…
09/28 08:32
【被写体を追尾】デジ…
08/12 20:32
掃除機
07/31 17:21
ERGORAPIDO
07/31 17:15
充電器
06/27 19:27
トリクル充電器
06/27 19:22

入院です

 今日はお休みが取れましたので、ベルトの張力を再調整する749sを午前中にバイク屋へ持って行きました。エンジンを冷やしてからの作業となるらしいので、お店の傍にある汽車がお手拭や料理を運んできてくれるお好み焼き屋さんでお昼ご飯。このお店は味もかなりのもので、汽車が運んでくれる為颯真もうれしそうでした。

 ご飯を食べてからは整備終了まで時間をつぶす為に、250ccクラスのバイクの見学と(新車・中古車含め)大型バイクの試乗に行ってきたのですが、それはまた別の機会に書く事にします。そうこうしているうちに時間は過ぎ、そろそろバイク取りに行こうかな~と思っていると、お店から1本の電話が。作業終了の連絡かな?と電話に出てみると作業を担当してくれているお店の工場長でした。

 「kogeさん、どうも今日のことにはなりそうにないですよ」って・・・何で?

 ベルトの音自体はよくあるようで、走り出してエンジンが熱を持って来ると各部が膨張し、ベルトの張りがパンパンになってしまい異音が出る事があるらしいのです。メーカー指定の張力で調整してもよく症状が出るらしいので、このお店では少し弱めに張るんだとか。それでもゆるく張りすぎると今度はベルトが切れてしまう危険がある為、加減が微妙な所らしいです。

 以前この記事を書いた時にぷらすのぷらすさんに質問された「どの年式でも起きるの?」という問いを投げかけてみると、新旧型式問わずどのモデルでも起こるんだそうです。それでも全世界のドカ屋さんは指定値を守ってるんだろうに、それってどうなんでしょう?でも明らかに異音がするので気持ち悪いと思うのですが・・・。

749sエンジン

 さて本題に戻って今日の事になりそうにない原因は別の異音がしているから、です。以前の記事にも書いたベルトの音とは別の異音。kogeの耳にはタペット音のような感じにも聞こえていたのですが「走行距離を重ねたドカはこんなものかな?」とか「ベルト交換と同時に気になりだしたので、調整したらまた直るかも」とか思って実はバイク屋さんには申告していませんでした。それでも工場長曰く「金属音のような異音がしているので、原因を探ってみます」との事。

 自分の感覚が正しかったのと、気になっていた目には見えない「異音」という物に気づいてくれたお店の技術力は嬉しいのですが、トラブル自体は嬉しい事ではありません(汗)。特に出所がエンジンなので・・・しかも20000km超という走行距離ですから、オーバーホールとか!?

 ただ03年式のこのエンジンにはこういったトラブルが多く起こったみたいで、思い当たる点を工場長は説明してくれました。何処かのアームが・・・折れて・・・とか。「あ~、そうなんですか」と聞いていたものの、電話だわ専門用語が出てきて訳が分かりませんでした。今度ゆっくり分かるように聞いてみたいと思います。

 工場長が思いついている事で収まれば、オーバーホールとか言う事にはならなさそうです。それでも金額が幾らかかるのか正直検討もつきませんし、何十万とか掛かるようなら色々考えないといけない部分が出てきてしまいます。原因を探ってもらう過程で金額のことも連絡頂き、相談することにしていますが・・・。

 という事で749sはそのままバイク屋さんに入院という事になってしまいました。少ない金額で直ってくれることを祈るのみです。

 
 話は全く変わりますが、明日は岡山国際サーキットでレースイベントがあるそうです。今日はその練習走行があったらしいのですが、このバイク屋さんのお客さんが転倒、ドクターヘリで倉敷の病院まで運ばれると言う自体になってしまったそうです。大した事ないと良いのですが・・・。皆様もサーキット・公道に関わらず改めてどうぞ気をつけて運転して下さいね。どんなにいいバイクでも転んでしまったら台無しですから。
車検・整備・修理 | 投稿者 koge 20:49 | コメント(6) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]