kogeのガレージハウス建築日記 4年半お世話になりました。「kogeのガレージハウス生活日記」に移動しました。

<<  2006年 12月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
引越し先です。
09/25 12:14
4年半の間お世話にな…
09/25 12:02
検討中・・・
09/24 19:37
新入生!?
09/23 20:08
GSいいな~
09/22 21:02
メープル食パン
09/20 14:15
凄い!!!
09/19 18:39
2010 9月 ドイ…
09/19 16:11
ドアに・・・!
09/18 17:09
2010 koge'…
09/15 19:47
最近のコメント
メールください!^^…
ぽる 10/15 07:25
ぽるさん、こんにちは…
koge 09/25 19:29
長い間お疲れ様でした…
ぽる 09/25 13:36
ぽるさん、こんばんは…
koge 09/24 23:44
ぷらすさん、こんばん…
koge 09/24 23:34
何度かコメント入れて…
ぷらす 09/24 22:56
「お勧めのバイクは?…
ぷらす 09/24 22:44
使い勝手悪すぎでも我…
ぽる 09/24 22:43
Migさん、こんにち…
koge 09/24 19:56
ランドセル背負うのを…
Mig 09/24 13:29
最近のトラックバック
【フラッシュを内蔵し…
02/16 14:55
賢い土地の探し方
07/06 18:00
お食い初めで迷うのが…
02/27 08:08
ニューモデルラッシュ…
01/09 06:32
MacBook、Ma…
09/28 08:32
【被写体を追尾】デジ…
08/12 20:32
掃除機
07/31 17:21
ERGORAPIDO
07/31 17:15
充電器
06/27 19:27
トリクル充電器
06/27 19:22

NAOSHIMA STANDARD 2②

 フェリー乗り場から地中美術館までは、流石にせまい島内車で10分ほどで到着。まずはチケットセンターで地中美術館のチケット&NAOSHIMA STANDARD 2のチケット(これで家プロジェクトは無料で、ベネッセミュージアムが半額)を購入。このチケットセンターもデザインされた建物で、白衣を着た研究員のような係員が待機しています。しかし、発売までの間寒い待合室で待たされました。ストーブくらい30分前には入れておけっつーの。

 この地中美術館は「自然と人との関係を考える美術館。瀬戸内の静かな自然が発するリズムと、その場に最もふさわしいアートと空間の中で人間の知性と感性の刺激を体感する場所」だそうです。そんなに沢山のアート作品がある訳ではなく、空間が大事にされている感じです。
 
 この中でkogeが気に入ったのは、やはり安藤忠雄による建物と空間です。正直kogeは「建築家なんて誰も似たような物を作るんだろう?」てな感じであまり肯定的ではありませんでした。しかし建物に入ってみて、その独特の空間の雰囲気にいっぺんにやられてしまいました。中に置いてあるアートとの融合も抜群です。住んでみろと言われればイヤですが(笑)、建物という物が十分に芸術といわれるものに値すると思わされました。こんな田舎でこれだけの建物が見られるとは、ベネッセ様様です。ただ、打ちっぱなしの建物なので音は響きまくります。声や音には注意が必要ですね。
 他にも気に入った作品はあったのですが、上手く説明できるわけでもないので、これは実際行って見て下さい。koge的には2000円の入場料は決して高くないなと思えました。

 一通り見て回った跡、館内の地中カフェで一休み。まだ昼前でしたが軽めの昼食をとり、地中美術館を後にしました。この後は家プロジェクトに向かいます。

人気ブログランキング人気blogランキングへ
ドライブ | 投稿者 koge 19:04 | コメント(4) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]