kogeのガレージハウス建築日記 4年半お世話になりました。「kogeのガレージハウス生活日記」に移動しました。

<<  2010年 9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
引越し先です。
09/25 12:14
4年半の間お世話にな…
09/25 12:02
検討中・・・
09/24 19:37
新入生!?
09/23 20:08
GSいいな~
09/22 21:02
メープル食パン
09/20 14:15
凄い!!!
09/19 18:39
2010 9月 ドイ…
09/19 16:11
ドアに・・・!
09/18 17:09
2010 koge'…
09/15 19:47
最近のコメント
メールください!^^…
ぽる 10/15 07:25
ぽるさん、こんにちは…
koge 09/25 19:29
長い間お疲れ様でした…
ぽる 09/25 13:36
ぽるさん、こんばんは…
koge 09/24 23:44
ぷらすさん、こんばん…
koge 09/24 23:34
何度かコメント入れて…
ぷらす 09/24 22:56
「お勧めのバイクは?…
ぷらす 09/24 22:44
使い勝手悪すぎでも我…
ぽる 09/24 22:43
Migさん、こんにち…
koge 09/24 19:56
ランドセル背負うのを…
Mig 09/24 13:29
最近のトラックバック
【フラッシュを内蔵し…
02/16 14:55
賢い土地の探し方
07/06 18:00
お食い初めで迷うのが…
02/27 08:08
ニューモデルラッシュ…
01/09 06:32
MacBook、Ma…
09/28 08:32
【被写体を追尾】デジ…
08/12 20:32
掃除機
07/31 17:21
ERGORAPIDO
07/31 17:15
充電器
06/27 19:27
トリクル充電器
06/27 19:22

2010年度固定資産税

 4月は色々物要りな季節ですね。自動車・バイクの税金、そして固定資産税と都市計画税・・・。

 今年から軽減税率が終わったのか高!と思うくらいの金額がきました。ボーナスも今年はかなり期待薄なので、これはキビシイな~(泣)。

 ここは明日の桜花賞に掛けるか(笑)。
ランニングコスト | 投稿者 koge 21:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

下水接続する?②

 今日は寒かったですね~。kogeの住む岡山も雪が積もった所が多かったようです。とはいえ明日を乗り切ればもう冷え込む日も無さそうなので、あと一息ですね。

 さて今日もまた家ネタ、2日続けて書くのなんか何年振りでしょう?「何処が建築日記だ?」という突っ込みは受け付けません(笑)!

 土曜日に頼んだ下水接続の見積もりが出てきました。金額は約14万程。以前飛込みでやってきた業者が12万程の見積もりを出してたので、多分そこまでは値切れるでしょう(爆)。負担金が㎡あたり377円なので、工事費と負担金合わせて20万程の計算になります。

 さてここで下水道に接続するのと、このまま浄化槽を使い続けるのとどちらが得か考えてみます。現状の浄化槽使用の場合は一月の水道代が大体1500円ほど、それに浄化槽の管理費用が月々約2000円、年1回の汲み取り費用が約20000円です。合計して年間約62000円が必要となります。

 これが下水道の場合、計算式があって使用量によって変わるらしいのですが、よく「下水道に接続すると水道代が倍になる」と言われるのでそれを前提に計算してみます。すると月々の水道代が約3000円、浄化槽維持管理費用も汲み取り代も必要無くなるので、単純に年間36000円と計算してみました。

 この前提を元に計算してみると、何と下水道に繋いだ方が年間約24000円ランニングコストが安くなるじゃないですか!下水に繋ぐと高いイメージだったのでこれにはちょっとビックリです。なら初期費用の20万くらいは10年あれば元が取れることになります。この上ブロアー故障での交換等を考えると、実は我が家の場合は下水道に接続した方がお得なのかも!?

 ただこれは素人計算なので、実際はどうなるのか正確に計算してみないといけないでしょうね。下水道局に問い合わせたら我が家のシミュレーションしてくれるのでしょうか?個人情報だ何だとウルサイ世の中だから難しいのかな?そもそも下水道に接続するのは義務だって言われそうだし・・・。
ランニングコスト | 投稿者 koge 20:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

下水道接続する?

 今日は久~しぶりに家系のお話。

 今日家に帰ると留守電のランプが点灯していました。用件を再生してみると浄化槽の管理会社からの汲み取りの連絡が。また電話して欲しいとの事ですが、この間してからもう一年経ったのかな?

 また前回いつ汲み取りして幾ら掛かったのか調べてみる事にしましょう。ただ現在2ヶ月で水道代が3000円前後。浄化槽の維持管理費は一月2000円弱に汲み取り代。

 こうやって考えてみると下水に接続した方が長い目で見たら得なのかな?これで浄化槽のブロアか壊れたら別途費用が掛かりますし、汲み取り一度してしまうとまた次のタイミングまで下水接続するの勿体無い。

 とりあえず以前飛込みで来た業者の見積もりが何処かにあるはずですし、新たに何処かの業者に見積もりしてもらって比べてみることにします。

 でもまだ3年ちょっとしか浄化槽使ってないし補助金も貰って無いし勿体無いな~。接続したら負担金も払わないといけないのかな?確か374円×土地の広さぐらいの値段だった気がするので、我が家の場合負担金だけで約80,000円!工事費合わせたら30万行きそうだ・・・。

 やっぱり先延ばしもアリかな~(汗)。
ランニングコスト | 投稿者 koge 23:02 | コメント(2)| トラックバック(0)

フラット35の金利

 不景気の波が止まらない今日この頃。政府の打ち出す景気対策も自民党時代とあまり変わらず、場当たり的な印象が・・・。

 さてそんな中政府が住宅ローンフラット35の金利を1%程度下げる方向で補助などを検討しているようです。ただ適応住宅には省エネや耐震などで条件が付くそうですが。もちろん景気対策という意味では住宅の需要喚起には役立つでしょう。何といっても以前の住金のように10年目で金利が変動する商品ではなく、35年や50年固定の商品な訳ですから、相当な金額がお得になるでしょう。

 ただ不動産の競売が前年比46%増加しているというニュースも出ている中、給与の減額などで返済が苦しくなっている人に対する金利優遇なども考えてもいいのでは?と思ったりもします。ただどちらにしてもkogeのようにもう住宅ローン払っている人間には不公平感は否めません。kogeが払っているローンも金利引き下げてくれ~!!

 あと一定の基準というのも何だか微妙な気がします。現在大手ハウスメーカーが相次いで参入している長期優良住宅も、小さな工務店の中には対応できない会社も沢山あるでしょう。そんな中また資本力が大きい大手が対応しやすい制度になるのでは?という気がします。

 結局は受注減に喘いでいる、パイの大きい大手メーカーを救済するだけなのかな?とうがった見方をしてしまいます。規模の大きいJALや銀行を潰せないのと同じような理屈なのではとか・・・とにかくこのニュース、すでにローンを払っているkogeには全く関係ない事が残念でなりません(泣)。

 
ランニングコスト | 投稿者 koge 23:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

ふと住宅ローン金利を考えてみた

 今日の話はだらだら思いつくまま書いてみました。間違ってたらご指摘くださいね。

 kogeが家を建ててからそろそろ2年半が過ぎようとしています。その間にも金利や消費税が上がるかも!と思っていたのですが、全くそんな気配はありませんね~。

 ところでこの間銀行で聞いた話によると、現在新規で住宅ローンを組む人の7割ほどが3年固定等の変動金利で組んでいるんだそうです。なるほど、この10年以上続く低金利と銀行の当初優遇金利+優遇金利終了後も1%引きなどのキャンペーンを見ると変動近隣の方がお得感がすごくありますよね。銀行によっては当初金利0.9%とか普通にありますもの。ちなみにkogeが借りた35年固定ローンは3.1%・・・。

 変動金利でローンを組む人の多くは、当初の支払いの安さと固定金利の水準まで金利が上昇する事はまずないだろうとの思惑が働いているようです。なるほど景気が悪ければ金利は上がらないという理屈で行けば確かにそうも考えられます。でも本当に景気が悪いうちは金利って上がらないんでしょうか?

 皆さんご存知のとおり現在日本の国家財政は火の車で、特に景気対策で麻生首相がばらまいたお金は国債という名の国の借金が大きな原資になっています。ただこの国債、買ってくれる人がいないとどうなるでしょう?日本国債もこれだけだぶついてくると、投資家の皆さんに買ってもらおうと思えば配当の金利を上げざるをえません。それでなくても日本の国際的信用は下がって行ってるように思います。円高なのはアメリカ経済が現在酷すぎてドルがあまりに安すぎるだけではないでしょうか?

 そうなら景気が悪いままでも長期金利が上がる可能性は十分考えられます。すると景気が悪い→給料上がらない→でも変動金利で組んだ住宅ローンの返済は増える→サブプライム問題日本版の完成!という事にならないかと心配な今日この頃です。そんな事になったら景気回復どころか不動産の価値なんて無いも同然になるでしょうし、日本経済は破綻してしまうでしょうから。折角固定で組んだkogeも経済の大津波に巻き込まれてしまいます(爆)。

 kogeは人に相談されたら固定金利で組めないのなら住宅ローンを組む事をオススメしてません。だって将来返済額がどう動くか分からないローンなんて住宅以外組まないですよね?年収の右肩上がりや終身雇用が約束されていない今、大きなリスク以外の何物でも無い気がするのですがどうでしょう、って素人考えですけど(汗)。

 これから家を建てようとしてローンを組もうと思われてる方はもう一度それでいいのか、ハウスメーカーの営業や銀行の担当者の居ない所でよく考えてみてください。「史上最低の金利水準」という事はもうあとは上がるしかないと思いませんか?折角のマイホームを手放したりしないで済むように資金計画は余裕を持って立ててみませんか。7割もの人が変動金利と言うのはちょっとどうかな?と思ってしまいだらだら書いてしまいました。kogeの周りにも住宅ローンが元で自己破産した人はいるんですよね・・・。
ランニングコスト | 投稿者 koge 22:48 | コメント(4)| トラックバック(0)

繰り上げ返済2回目

 昨日は大学時代の友人6人と久しぶりに飲み会をしました。やはり学生時代の気の置けない友人と集まるのは楽しいです。何の利害関係もなく話が出来るのはやはり学生時代の友人ならではではないでしょうか。

 さてそんな楽しい宴の後、今日はローンを払いだしてから2回目の繰上げ返済に行ってきました。決して宝くじが当たった訳でも貯金が沢山あるわけでもないのですが、今のままの返済計画では60歳を過ぎてもローンが残る計算だったのでそれをせめて60歳までにしておきたかったのです。株や投資をしても早期の繰上げ返済ほどに有効なお金の使い方にはならないと思うので・・・。

 前回と違ってあっという間に手続き終了、こんなに簡単だったかな?と思って帰宅すると銀行から電話があり「書類を書いてもらうの忘れてました」だって。銀行の担当者あまりやる気なさそうには見えましたが仕事まで手抜きとは・・・。

 なにはともあれこれで60歳までにローンが終わるめどが立ちました。手持ちの貯金は少なくなって厳しいのですが(泣)宝くじで戻ってくれば問題ないという事で(爆)。
ランニングコスト | 投稿者 koge 18:08 | コメント(5)| トラックバック(0)

汲み取り

 我が家の地域は先日下水が通りましたが、まだ接続工事はしていません。そうこうしているうちに家を建ててから3年目にして初めて浄化槽の汲み取りにやってきました。これで下水の接続は次の汲み取りの直前であろう3年後まで延期です(笑)。

 さてきになるその料金ですが、5人槽の我が家は20,200円でした。これが高いのか安いのかよく分かりませんが、接続の費用と下水道負担金といった一度に出て行く多額の出費を考えると、やはり下水には二の足を踏んでしまいます。

 明日我が家の見積もりをした業者さんが尋ねてくるらしいですが、果たしてどうなる事やら。うまい断り方を考えておかなくては・・・。
ランニングコスト | 投稿者 koge 21:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

08年12月・09年1月の水道代

 恒例の水道代の報告です。

 今月の水道代は3,486円、前月比+872円です!今まで2千円台を超えたことは無く安定していた水道代ですが、やはり毎日湯船にお湯を入れると使用量が増えますね。これから寒いですし仕方ないですが、やはりコストは少しでも抑えたいところです。
 
 ただ最近気になっているのはこんなお金よりも仕事で使う事がほとんどの個人の携帯代。最近は公衆電話なんかから電話しても誰も出てくれないし、どうしても社外にいる時は携帯使ってしまうんですよね・・・手当ても出ないのに!!かなわんな~(泣)。
ランニングコスト | 投稿者 koge 17:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

年末調整

 そろそろ年末調整が嬉しい時期ですよね?kogeのところは勿論住宅ローン減税があるのでそれなりにまとまった金額が戻ってきます。ただいくらローンがあっても元々払っている税金が少ないのでそんなには還ってきません(泣)。

 さてこの住宅ローン減税ですが麻生首相の景気対策の一環で過去最大の規模になるようです。ただこれで本当に景気が良くなるのかな?無いよりはもちろんいいのですが(固定資産税の足しになりますから)いくら戻ってきてもそれには高額の住宅ローンを組む必要があるんですよ?しかも払っている分しか戻ってきませんから500万や600万の上限を貰える人はほんの一部の人だと思います。しかもここに来ての超急激な景気の冷え込みで、急激に消費者心理は冷え込んでます。これで住宅需要の喚起の起爆剤に!というのはかなり無理があると思いませんか?

 しかし何処かの新聞の記事で「住宅ローンを組めない人も沢山いる。この現在は一部の裕福な層にしか意味を成さない優遇措置だ」と書いてありました。確かに500万の上限を貰える人は本当にかなりの年収があり、しかもかなりの金額を借り入れできる人だけでしょう。ただ読みようによっては「住宅ローンを組める人は富裕層だ」と誤って読んでしまいそうで(笑)。それならkogeはお金持ち!?な訳ないわな(泣)。
ランニングコスト | 投稿者 koge 20:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

書類を作りました

 気が付いたらもう3月に入って一週間が経とうとしています。週末からは暖かくなるそうなので、例のマフラーステーが直れば走りに行きたい所です。

 さて自営業の皆さんにはお馴染みの確定申告が3月17日までとなってます。kogeも昨年は住宅取得控除の関係で確定申告に行きました(ninoが・・・です)。普通ならこの1回で後は毎年控除してくれるはずなのですが、今年はちょっと様子が違います。国から地方への税源委譲のからみで本来惹かれるべき所得税がぐっと少なくなってしまったのです。そこでkoge達この1年に家を購入した人たちは住民税からも(これは地方税です)控除してくれる特例が出来たのです。このあたりは以前も書きましたね。

 この控除が同じく17日締め切りなのに面倒で(汗)手続きをしていませんでした。ところがこれをするとしないとでは、40,000円ほどの差額が出るようです。切羽詰まったので重い腰を上げました。といっても市役所のホームページからエクセルの書式をダウンロード、ものの5分で出来ちゃいました。

 明日市役所に提出に行く予定ですが、一説によると申請し忘れや知らないことによる還付漏れが1500億円!!になろうかと予想されているそうです。昨年家を建ててローンを組まれている方は、今のうちにもう一度確認してみてくださいね。
ランニングコスト | 投稿者 koge 22:59 | コメント(0)| トラックバック(1)

住民税からも控除

今年の年末調整で住宅ローン控除でお金が戻ってきました。しかし思っていたよりも数万位少ない金額・・・。当然所得税からの控除なので払っている税金以上は還ってこないのですが、こんなに払ってなかったかな・・・とがっかりしたのを覚えています。その後年始に会社かで税金制度の変更による特例措置の説明書を貰いました。詳しく調べないまままだ机の中に入れたままなのですが、それについてのざっとした説明がニュースに載ってましたので、とりあえず抜粋してみました。

 <住宅ローン>住民税からも控除できる制度を新設

2月13日17時13分配信 毎日新聞

 国から地方への税源移譲で所得税(国税)が減額されたことに伴い、総務省は住宅ローン控除を住民税(地方税)からも控除できる制度を新設した。3月17日までの確定申告を呼びかけている。

 住宅ローンはこれまで所得税から全額控除されていたが、税源移譲で07年から所得税が減り、住民税が増額されたことに伴い所得税から控除しきれないケースが出てきた。該当者は全国で300万人程度とみられる。

 対象は99~06年末に住民となり、所得税控除を受けている人。夫婦と子供2人の家族で給与収入が700万円、住宅ローンの控除可能額が27万円の家庭の場合、これまでは所得税額が年間26万3000円、住民税額が19万6000円で、住宅ローン控除額は所得税額全額が対象だった。

減額されたことに伴い、総務省は住宅ローン控除を住民税(地方税)からも控除できる制度を新設した。3月17日までの確定申告を呼びかけている。

 住宅ローンはこれまで所得税から全額控除されていたが、税源移譲で07年から所得税が減り、住民税が増額されたことに伴い所得税から控除しきれないケースが出てきた。該当者は全国で300万人程度とみられる。

 対象は99~06年末に住民となり、所得税控除を受けている人。夫婦と子供2人の家族で給与収入が700万円、住宅ローンの控除可能額が27万円の家庭の場合、これまでは所得税額が年間26万3000円、住民税額が19万6000円で、住宅ローン控除額は所得税額全額が対象だった。

 しかし、税源移譲で所得税額が16万5500円に減ったため、全額を控除しても、従来の控除額との差し引き分9万7500円が控除できなくなる。この不足分を申告すれば、住民税から9万7500円分が引かれる。

 所得税の確定申告をしている人は18日から3月17日までに税務署に確定申告書と住宅ローン控除申告書を提出。年末調整で所得税の住宅ローン控除を受けているサラリーマンは控除申告書に源泉徴収票を添付し、今年1月1日現在に居住する市区町村に提出する。 


 ちょっと長いですが、要は所得税が減った分を住民税からも控除してくれるという制度です。ちょうど適用になったkogeはラッキーでした、300万人の1人です。金利が思ったほど上がらないし消費税もどうなるか微妙な昨今、急いで建てた意味無かったかな?とも思いましたが、この点では急いだ甲斐があったかもしれません。まあ「欲しい時が買い時」というkogeの持論はそんな事では動きません!!

 
ランニングコスト | 投稿者 koge 20:01 | コメント(2)| トラックバック(1)
ホビダス[趣味の総合サイト]