kogeのガレージハウス建築日記 4年半お世話になりました。「kogeのガレージハウス生活日記」に移動しました。

<<  2007年 12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
引越し先です。
09/25 12:14
4年半の間お世話にな…
09/25 12:02
検討中・・・
09/24 19:37
新入生!?
09/23 20:08
GSいいな~
09/22 21:02
メープル食パン
09/20 14:15
凄い!!!
09/19 18:39
2010 9月 ドイ…
09/19 16:11
ドアに・・・!
09/18 17:09
2010 koge'…
09/15 19:47
最近のコメント
メールください!^^…
ぽる 10/15 07:25
ぽるさん、こんにちは…
koge 09/25 19:29
長い間お疲れ様でした…
ぽる 09/25 13:36
ぽるさん、こんばんは…
koge 09/24 23:44
ぷらすさん、こんばん…
koge 09/24 23:34
何度かコメント入れて…
ぷらす 09/24 22:56
「お勧めのバイクは?…
ぷらす 09/24 22:44
使い勝手悪すぎでも我…
ぽる 09/24 22:43
Migさん、こんにち…
koge 09/24 19:56
ランドセル背負うのを…
Mig 09/24 13:29
最近のトラックバック
【フラッシュを内蔵し…
02/16 14:55
賢い土地の探し方
07/06 18:00
お食い初めで迷うのが…
02/27 08:08
ニューモデルラッシュ…
01/09 06:32
MacBook、Ma…
09/28 08:32
【被写体を追尾】デジ…
08/12 20:32
掃除機
07/31 17:21
ERGORAPIDO
07/31 17:15
充電器
06/27 19:27
トリクル充電器
06/27 19:22

大型補強と昨今の野球界

 今日は毛色が違いますがプロ野球の話。長文ですがご容赦ください。

 kogeは物心付いた時から巨人ファンです。小学生の頃一番好きだった選手は現監督の原辰徳、チャンスに弱いと言われようが何を言われようが応援していましたし、引退間近のホームランでの珍しい感情むき出しのアクションには感動をおぼえたものです。引退の時に発行された冊子もまだ実家にあるはずです。

 そんなkogeでしたが、最近はプロ野球を見る機会は減っていました。何をしていてもちらちらするナベ○の影、それに伴う原監督の解雇などでうんざりしていたのが理由です。放送自体も減ってしまっていましたしね。それでも原監督が帰ってきてからはとりあえずナイターを点けている機会が増えましたし、今年のセ・リーグ優勝は嬉しいものでした。最後に中日に負けてしまい、ちょっと消化不良ではありましたが・・・。

 そんな巨人が昨年の谷・小笠原に続く大型補強を今年実施しました。クルーン・グライシンガー・そしてラミレスの3外国人の獲得です。今年ほどの活躍が出来るかは分かりませんが、計算できるこの3人が加わった事により、来期の優勝争いの大本命である事は現在疑いも無い事実です。

 こういった金持ち球団のFA補強には色んな意見が存在します。ペナンとレースの興を削ぐ、生え抜き選手が育たないetc・・・。ただFAというルールがある以上はこういった補強が偏るのは仕方ない事なのでしょう。他球団もFAで補強した選手のお陰で強くなっている所はありますし、今回も巨人が獲らなければ他所の球団が獲っている筈ですから。ただこういった補強のせいで、ヤクルト・広島といったチームにとっては優勝の確立が限りなく少なくなった事は事実でしょう。ひょっとしたらこういた戦力の偏りも1リーグ制に向けた布石ではないかと思えてしまうほど。弱いチームを無くして面白いペナンとレースを行い、経営能力の無いチームを退場させられますからね。

 ただ昨今の大リーグ移籍や年俸の高騰、ポスティングシステムやFAなど選手会側の権利が強くなりすぎていることも問題なのではないかとも思います。選手会の最近の主張を見ていると「球団が赤字でも知った事ではない、ともかく選手にとって都合の良い制度の導入を」というスタンスが見て取れます。主張するのはいいのですがそれによりバランスが崩れ、プロ野球人気の低迷の一因になっている面も間違いなくあると思います。選手会と球界に考えてほしい事は只一つ「見ているファンのためのプロ野球」という事です。プロ野球を経ずに大リーグに行った選手で活躍した選手はまだいないですし、ファンがいなくなった時点でプロ野球という娯楽は無くなってしまうのですから。現に台湾では日本よりもはるかに深刻なプロ野球離れが起こっているそうです。

 昔のようなプロ野球人気が戻ってくると言うのはもう幻想でしかありません。ゲームの世界でもスポーツゲームはサッカーやゴルフなど沢山の種類が出ていますし、これだけ娯楽がある時代に一億総プロ野球ファンというのは無理があります。この辺りは紅白歌合戦に近い物がありますね。しかし日本のスポーツで数少ない世界に通用する種目ですので(といっても野球をやる国はサッカーに比べはるかに少ないです)、これ以上衰退する事のないように頑張って欲しい物です。

 長くなってきましたのでこの話はこの辺りで。はしょって書いた文章なので、抜けや誤解を招く表現があるかもしれないですが、まあ一個人の考えと言う事でご容赦ください。最後まで読んでくださった方、お疲れさまでした。
日記 | 投稿者 koge 19:11 | コメント(2)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
最後まで読みました。面白かったし、有意義なご指摘だと感心いたしました。
私は、阪神ファンなのですが、実は、やはり、昨今プロ野球に対する関心が急激に下がってしまいました。その理由は、まさにkogeさんのご指摘のとおりだと思います。

でも、日本人が野球そのものに対して熱意を失ったというわけでもなさそうです。オリンピック予選の星野ジャパンの活躍には、やはり熱いものがこみ上げてくるのを感じましたし、多くの日本人が、昔のプロ野球が持っていた面白さを思い出したように思います。

ただ微妙な問題をはらんでいて、このような国際試合が話題をさらったり、大リーグで活躍している日本選手の数が増えてきたりすると、だんだん日本人全体が、国際的なコンペティションじゃないと満足しなくなってきているようにも思えます。

良い選手には、大リーグで活躍してもらいたい。
そう思う気持ちはやまやまなのですが、しかし、そうなると、日本に残ったのは「良くない選手なの?」ってなことにもなりかねませんね。痛しかゆしというところですね。
kogeさんの貴重な意見を、もっと多くの野球関係者にも読んでほしいですね。
投稿者 町田 2007/12/19 22:30
町田さん、こんばんは。最後まで読んでいただきありがとうございます。

実は昔選手会のホームページでアンケートをしている時に同じような内容の文章を(もっと辛口でしたが)送った事があります。当然こんな意見は煙たがられて終わっているのでしょうが・・・。

星野ジャパンやWBCでの活躍は野球人気とは少し違う気もします。ほら、オリンピックの時って普段見ない陸上や水泳、アーチェリーにまで熱がはいりますよね?バレーやサッカーのワールドカップもしかりで、普段意識しない愛国心の現われに近いのかと思います。

大リーグともFAなどの取り決めをしっかり作って、お互い良い交流が出来るようにしてもらいたい物です。ただそうなると年俸で圧倒的に不利な日本側が控えクラスの使えない(かもしれない)助っ人を獲る為に多額の金銭や、良い選手の流出と言う事態を招く気も・・・難しいところです。
投稿者 koge 2007/12/19 23:00
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]