kogeのガレージハウス建築日記 4年半お世話になりました。「kogeのガレージハウス生活日記」に移動しました。

<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
引越し先です。
09/25 12:14
4年半の間お世話にな…
09/25 12:02
検討中・・・
09/24 19:37
新入生!?
09/23 20:08
GSいいな~
09/22 21:02
メープル食パン
09/20 14:15
凄い!!!
09/19 18:39
2010 9月 ドイ…
09/19 16:11
ドアに・・・!
09/18 17:09
2010 koge'…
09/15 19:47
最近のコメント
メールください!^^…
ぽる 10/15 07:25
ぽるさん、こんにちは…
koge 09/25 19:29
長い間お疲れ様でした…
ぽる 09/25 13:36
ぽるさん、こんばんは…
koge 09/24 23:44
ぷらすさん、こんばん…
koge 09/24 23:34
何度かコメント入れて…
ぷらす 09/24 22:56
「お勧めのバイクは?…
ぷらす 09/24 22:44
使い勝手悪すぎでも我…
ぽる 09/24 22:43
Migさん、こんにち…
koge 09/24 19:56
ランドセル背負うのを…
Mig 09/24 13:29
最近のトラックバック
【フラッシュを内蔵し…
02/16 14:55
賢い土地の探し方
07/06 18:00
お食い初めで迷うのが…
02/27 08:08
ニューモデルラッシュ…
01/09 06:32
MacBook、Ma…
09/28 08:32
【被写体を追尾】デジ…
08/12 20:32
掃除機
07/31 17:21
ERGORAPIDO
07/31 17:15
充電器
06/27 19:27
トリクル充電器
06/27 19:22

代理母

 今日の文章はkogeの主観で書いています。お気に触られたらお詫びします。また趣味とは全く関係ないのですが、思いつくまま書かせていただいてます。

 今日最高裁で向井亜紀さんのところの双子の判決が出ました。結果は実の母親とは認められないというもの。

 現在わが国は少子高齢化の道まっしぐらに突き進んでいます。そんな中政府は色々な補助金つけたりして対策だと言っていますが、一番大切なのは子供がいない人の本音をくみ上げる事ではないでしょうか?
 
 子供がいない人の中には、色々な考え方があると思います。たとえば

 ・子供がいると夫婦で好きなことができない、自分の時間が取れない
 ・子供を育てる自信が無い
 ・経済的に余裕が無い
 ・子供が出来ない

 などなど。自分達の選択で子供を持たない人たちのことをどうこういうつもりはありません。kogeも気持ちは分かりますし。また、一人っ子が増えた背景にはやはり経済的な理由も大きいと思います。現在は教育費にお金がかかりすぎるのが現状ですしね。

 ただ、子供が欲しいのに出来ない人も沢山いるのです。それなのに不妊治療には保険が利かない為泣く泣く断念したり、向井さんのように身体的な理由で欲しくとも子供を持てないという事もあるのです。また産まれた子供には何の非も責任もありません。それを「(はるか昔に決めた)民法の規定になじまないから」という事で生まれた子供の権利も奪ってしまうという姿勢でいいのかな?と思ってしまいました。

 色々な意見がある事はもちろん判っています。三権分立の原則もわかってます。でも政治家といわれる人たちは本当にさまざまな問題に対して当事者意識をもっているのでしょうか?自分達の狭い範囲での常識だけで世の中全てを計ってないのでしょうか?これだけ進んだ科学に法律を追いつかせる努力を放棄していないでしょうか?また金銭的な面も不妊治療に対する保険適応や、2人目が欲しくても経済的に持てないと思っている人の事が、政治資金パーティーや寄付で億の金を集める政治家に理解できているのでしょうか?派手な生活をしたいが為の我がままだと思っていないでしょうか?

 格差が広がってきたと言われている今、年収の少ない人や身体的な理由がある人でも子供を産む努力さえ出来ないようになってしまわないように願います。

 何だかよく分からない文章になってしまいましたが、今日のニュースを見てふと考えた事でした。おりしも東京都知事選も話題となり、統一地方選挙が近づいた今日この頃だからこそ、本当に庶民の味方の人に出てきて欲しいです。口先だけの、選挙の時だけの「庶民の味方」にはなんだか飽き飽きです。

 少し考えさせられた今日のkogeでした。
 
日記 | 投稿者 koge 23:03 | コメント(5)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
こんばんは。コメントしようかしまいか迷ったのですが、色々思うところあって、本題とは外れるかと思いますが、少し書かせていただきます。
まず最初に、私は子供がいませんので、その点を以って論評する資格ナシ!とされるのであれば、以下、お読みいただかなくて結構です。また、主観の問題として、気分を害されましたら申し訳ございません。
さて、私の結論から言うと、この少子化の問題、ここ最近の女性が過度な要求を受けている状態にあるからこそ起きているものかとも思います。だって、昔は少子化ということがなかったわけですよね?私が考えるその理由はちょっと長くなりますが、下のようなところです。
聞くところによると、昔は男は外で働くもの、女性は家で子供を育てるものと決まっていたとか。なので、男性も女性もそれに疑いも持たずに暮らしていたようです。
それがいつの間にか、経済性を優先したのか、運動家と女性票の欲しい政治家の誘導に乗せられたのか、女性は社会進出をしなければならないということになってしまいました。
テレビドラマや雑誌の風潮で、颯爽とビジネス街を歩くOLが格好良くて、おんぶ紐で赤ちゃんを背負っている女性は格好悪いというイメージを作られてしまったように思います。
また、男性、女性とも、「貧しいながらも我が子と幸せな家庭」的な価値観が否定され、すべからく国民全体が等しく豊かな暮らしでなければならないという価値観が流布されてきました。
結果、その価値観に従い、それを実現すべく、男性も女性も働き続けなければならない状況に置かれているのではないでしょうか。それが出来なければ負け組だ・・・と。
かと思えば今度は「少子化だ子供を産み育てろ」ということです。
人口構成比率や年金の問題はあるにせよ、男性はともかく、あまりにも多くのことを女性に押し付ける要求ではないかと思います。
男性にせよ女性にせよ、誰もがそれほど多くのことを成し得るはずはありません。女性だけにどれほどの負担をかけようと言うのでしょうか。
投稿者 otto 2007/03/25 00:40
それから多くの「少子化対策」のこと。正直なところ、多少の補助金的なものをもらえるから「じゃあ私も」と子供を持とうとするって・・・あり得ないと思います。支出の観点から言っても費用対効果が全く不明です。
私から見れば、何らかの見返りを狙って、単に子供を既に持つ(あるいは持つことが確定的な)親の票が欲しいために補助金をばら撒いているようにしか思えません。
最後に主題の向井さんのこと。赤の他人を養子とすることすら認められている現状、両親の意思と遺伝的関係が完全であるわけですから、当然のこととして、実子としての親子関係は認められるべきものと思います。
最近話題に上った、離婚後の日数によって子の親を特定しようとする法律など、本当に女性を蔑視したものと思います。
突然ものものしい書き込みになってしまって恐縮です。差し支えありましたら削除いただきますようお願いいたします。
投稿者 otto 2007/03/25 00:42
ottoさん、こんにちは。

ちなみにkogeも子供はいません。子供がいる方からみれば夫婦2人で生活していれば楽だと思われているかもしれません。実際子供が3人いる人が「子供がいない人からは特別税を取るべきだ」と言っていました。

さてottoさんの仰るとおり、現在は子育てがしにくい環境&風潮だと思います。女性の社会進出の速度に環境整備が整っていないのが現状ですね。しかも昔と違いほぼ全ての家庭が核家族化していますので、子供を両親に預けて自分は仕事に、という事も難しくなってしまってます。

少子化対策にしても目先の数万円が出るから、税金が安くなるからといって子供を産もうとは誰一人思わないと思います。「国民への建前にとりあえず制度を作ってみた」もしくは「国民はこの程度のお金をばら撒いておけば単純に子どもを産むだろう」とでも思っているのでしょうか?

本当に子供がほしいと思っている人が、どうして作れないのかをきちんと分析してほしいと思います。何だか最近の国の調査はタミフルの事にしても信用できなくなってきてますから・・・。



投稿者 koge 2007/03/25 16:32
突然の”濃い”書き込み、失礼しました。

こういったことは、個人の主観と価値感に直結しますので”正しい結論”というものは存在しないと思いますが、”目的”を明確にしないまま、”原因”と”手段”だけを論じている風潮があるようで、どうしても気になります。

今後とも、状況を注視して然るべき意見の表明をして行かねばと考えています。
投稿者 otto 2007/04/01 20:04
ottoさん、こんばんは。

こういう話は難しいですが、どういう国にしたいのかという将来像がない人たちが国会でいくらは話をしても・・・って思ってしまいます。

どういう形がいいのか、kogeにはよく分かりません。それでも現状を変える努力はしないといけないのかな?と思います。
投稿者 koge 2007/04/01 22:55
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]